どっちがおすすめ?マカナとハグクミの恵みの違いを徹底比較!

どっちがおすすめ?マカナとハグクミの恵みの違いを徹底比較!

どっちがおすすめ?マカナとハグクミの恵みの違いを徹底比較!

比較

 

 

マカナハグクミの恵みも、どちらも今人気の妊活サプリです。

 

この記事では、マカナとハグクミの恵みのどちらを購入するか迷っている人のために、それぞれの違いについて分かりやすくまとめて両者を比較してみました。

 

 

まず、マカについてですが、マカナは100%国産のマカが使われているのに対して、ハグクミの恵みでは国産のマカとアンデス産の有機マカの両方が使われています。

 

一般的な外国産のマカに比べて、国産のマカの方が各種アミノ酸やギャバ、ベンジルグルコシノレートなどといった成分が多く含まれているそうです。

 

また、農薬などの安全面でも、やはり日本産の方が安心できますよね。

 

ただ、ハグクミの恵みに含まれているアンデス産の有機マカは、農薬不使用で有機栽培された安全性と栄養価の高い希少なマカだそうで、こちらも悪くはなさそうです。

 

マカの含有量については、マカナの方には記載されていませんでしたが、パッケージの裏の原材料名の欄の一番最初に「マカ粉末(国産)」と書かれていることから、マカナに含まれている各種成分の中では一番マカの含有量が多いということが分かります。

 

というのは、加工食品の場合、平成27年4月1日に施行された食品表示法で原材料は使用した重量の割合の高い順に表示することが義務付けられているからです。

 

一方で、ハグクミの恵みは、4粒で800mg以上と記載されています。

 

マカの1日の摂取量の目安は、およそ1,500mg程度だと言われているので、やや物足りない感じはしますね。

 

 

続いては、葉酸についてです。

 

葉酸は、健康な赤ちゃんを生むために必要な栄養素で、水溶性ビタミンの一種です。

 

厚生労働省では、妊娠を計画している女性に対して、食事だけでなくサプリメントからも1日400μgのモノグルタミン酸型葉酸を摂取するようにと勧めています。

 

葉酸には胎児の正常な発育を促す効果があり、無脳症を初めとした神経管閉鎖障害を予防する事ができると発表されています。

 

マカナには、厚生労働省が推奨しているモノグルタミン酸型葉酸が400μg配合されています。

 

一方、ハグクミの恵みには葉酸は配合されていません。

 

そのため、ハグクミの恵みでは、葉酸のサプリメントも併用して摂取する必要があります。

 

 

この他の違いとしては、マカナにはスーパーフードと言われるスピルリナや金時ショウガ、GABA、DHA、EPA、ルイボスティー、野菜22種類など、妊活および美容と健康によい成分が豊富に含まれています。

 

これに対して、ハグクミの恵みには、抗酸化作用や体の冷えを改善する作用、生理のリズムを整える効果があると言われているざくろの種子エキスが含まれています。

 

どちらのサプリを選ぶかはあなた次第ですが、私の個人的な感想としては、別の葉酸サプリと併用するならハグクミの恵み単独ならマカナがおすすめです。

 

公式サイトもよく確認して、あなたに合ったサプリを選んでくださいね!

 

 

 

8大妊活成分すべて配合!オールインワン妊活サプリ【makana(マカナ)】公式サイト
マカナで妊活成功!

 

 

 

マカザクロサプリ『ハグクミの恵み』公式サイト
ハグクミの恵みで妊活成功!

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ